English

最新刊行物

『情報地質』 第28巻(2017) 第1号


第1号 目次

研究ノート

大熊俊明によるタプルのビット演算を用いた地質体の直和表現法について……塩野 清治

 

学会記事

GEOINFORUM-2017 開催のお知らせ……GEOINFORUM-2017実行委員会

日本情報地質学会シンポジウム2016 開催報告……中田 文雄

2016年度第2回評議員会報告……事務局

学会誌「情報地質」の電子化に伴うメールアドレスの登録と冊子体購入の申し込み状況……事務局

 

ニュース

GIS-IDEAS 2016参加報告……米澤 剛・ベンカテッシュ ラガワン

 

『情報地質』編集規約および関連規定

「情報地質」原稿整理カード

保証書

入会申込書


編集後記

 

 

 『情報地質』第28巻第1号をお届けします.研究ノート1編が掲載されています.
本号からは,正会員の皆様への学会誌の印刷物での配布を廃止し,J-STAGEでのPDFファイルの公開に一本化されます.従来とは異なり,最新号にはアクセス制限を設けて,次号が発刊されるまでの期間は,会員に限定した公開としています.事務局へのメールアドレスの登録がまだの方は,学会ホームページのご案内に従って早期の登録をお願いします.
 『情報地質』の完全電子化によって,論説・総説・システム・ソフトウェア開発・短報・研究(技術)ノート・講座・討論・紹介・学会記事・ニュースすべてのカラー表示が可能となりました.本号では研究ノート,学会記事,ニュースにカラー画像を使っています.カラーの画像をふんだんに活用するリーモートセンシング,地下構造モデル,地形解析などの諸分野での研究成果はぜひ『情報地質』にご投稿ください.
 学会記事「GEOINFORUM-2017 開催のお知らせ」にありますように, 6月29日・30日に山梨県立図書館でGeoinforum-2017が開催されます.発表を予定されている方は申込締切(4月26日)と講演要旨締切(5月10日)の順守にご協力ください.

2017年2月21日 塩野 清治


 

 

 「情報地質」オンライン版のご案内

オンライン用ISSN: ISSN 1347-541X

掲載場所::  J-STAGE(下記URLをクリック)

日本情報地質学会 会誌「情報地質」(from 1990)

http://www.jstage.jst.go.jp/browse/geoinformatics/-char/ja

 

★最新号に限り、学会員のみ閲覧可能です。

 

 

情報地質研究会 会誌「情報地質」(1975-1989)

http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnltop_ja.php?cdjournal=geoinformatics1975

 

 


第27巻へ 一覧へ戻る 第28巻へ